オンラインカジノ必勝法・攻略法

マーチンゲール法とは?減額しません勝つまでは!

マーチンゲール法とは、勝つまではベット額を倍にしていく方法です。

単純に倍の金額をベットしていくだけなので使い方がシンプルで分かりやすい攻略法です。

そしてマーチンゲール法の特徴として挙げられるのが、「理論上は必ず勝つ」という点です。

ですがギャンブルに必ず!はありません。

今回はこのマーチンゲール法の特徴とルールについてまとめてみました。

マーチンゲール法はどのゲームでも使える?

casino

沢山の攻略法がありますが、その中でもかなり有名な部類にはいるこのマーチンゲール法。

どのゲームでも使うことが可能なんでしょうか?

使おうと思えば使えます(笑)

ですが相性というものがあります。

このマーチンゲール法の場合は、 基本的には

勝率約50%、配当が2倍のもの

で使うことがおすすめされています。

さらに独立事象のゲームであること。

独立事象とは??私も調べてみましたが、これは

前のゲームの結果が次のゲームの結果に影響を与えないことを独立事象というそうです。

毎回の結果が他に左右されない=独立

結果 = 事象

という感じでしょうか。

この2つに当てはめると

ルーレットの「赤or黒」「奇数or偶数」にベットする場合には使えそうです。

ブラックジャックも勝率50%ですが、ゲームが進むたびにディーラーが使用したカードを横に分けていくため、残っているカードを予測することができます。

その為、独立事象とは言えないのでブラックジャックで使うのはあまりお勧めしません。

マーチンゲール法の進め方

casino

それでは早速マーチンゲール法の進め方を見ていきましょう。

タイトルにもあるように、マーチンゲール法は「負けたら賭け金を倍にして賭けていく」といったベットの方法です。

そう、勝つまでは倍にして賭けつづけるのです!

過酷と思う人もいるかもしれません(笑)

ですが、前述したとおり勝率が50%のゲームをお勧めしていますので、よっぽど運が悪くない限り連敗はしない、、と思います。

さて、実践風にもう少し詳しくこのかけ方についてみていきましょう。

マーチンゲール法の進め方:実践編

それでは実際にゲームをプレイしているような感じで1ゲームづつの収支を見ていきましょう。

今回は1ドルを最初に賭けることにします。

1ゲーム目:1ドルベット 勝敗:負け 収支 -1ドル

1ゲーム目は負けてしまいました。

ですので2ゲーム目は1ゲーム目のベット額の2倍の2ドルを賭けます。

2ゲーム目:2ドルベット 勝敗:勝ち 収支 +1ドル(-1+2)

2ゲームは勝ちました!

ですので収支が1ドルプラスになりましたね。

勝ったあとのゲームのベット額は初期のベット額に戻します。

ですので3ゲーム目は1ドルベットからまたスタート

3ゲーム目:1ドルベット 勝敗:負け 収支0(+1-1)

3ゲーム目は負けてしまいました。

ですので4ゲーム目はベット額を2倍の2ドルにしましょう。

4ゲーム目:2ドルベット 勝敗:負け 収支-2(0-2)

なんと連敗です。

そんなときもあります。

負けが続いたので次もベット額を2倍にします。

次は2ドルの倍の4ドルをベットしましょう。

5ゲーム目:4ドルベット 勝敗:負け 収支-6(-2-4)

負けてしまいました。

諦めずに次!

次も倍のベットなので8ドル賭けます。

6ゲーム目:8ドルベット 勝敗:負け 収支-14ドル(-6-8)

なんと、、!

次行きましょう!

次は8ドルの倍の16ドルをエイッと賭けましょう。

7ゲーム目:16ドルベット 勝敗:負け 収支-30(-14-16)

OMG。。

くじけないで!

次は16ドルベットの2倍の32ドルを賭けます、、!

8ゲーム目:32ドルベット 勝敗:負け 収支-62(-30-32)

逆に楽しくなってきました!

さて次は32ドルの2倍の64ドルを賭けます、、!

いったれー!!

9ゲーム目:64ドルベット 勝敗:負け 収支-126(-62-64)

ちょっと、、いや次こそは、、次こそは、、!!

64ドルベットの2倍、128ドルを、、いったれー!!

10ゲーム目:128ドルベット 勝敗:勝ち 収支+2(-126+128)

やっときました!!

なんとこの1回の勝ちで収支のマイナスから一気にプラスへ(2ドルだけですが)

やっと勝ちましたので次のゲームはまた初期ベット額の1ドル賭けからスタートです。

これがマーチンゲール法です!

マーチンゲール法の注意点

上記の実践編を見てわかる通り、1回でも勝つまでやれば収支がマイナスになることはありません。

ですがお気づきでしょうか。

連敗が続いた場合、資金を使用する額がどんどん跳ね上がっていっています。

上の実践編でいえば最後の10ゲーム目で128ドルを資金からベットしています。

128ドルは日本円で約13000円ほど。

運よく10ゲーム目で勝ったので収支が戻りましたが、もしこれがこのまま20ゲームまで負けが続くとどうなるでしょうか、、。

なんと20ゲーム目のベット額は 524,288ドル、、これは約5,800万円です!!

20ゲーム連続で負け続けることはかなり確率的には低いですがあり得ない話ではありません。

ですのでもし、マーチンゲール法に失敗したとしても、いくらまでなら損失を出してもよいか、それを考えて最初に決めておくのがベストです。

例えば8連敗したら損失は254ドル、それ以上はベットしない、などど自分のルールを決めて実践するようにしてくださいね。

casino

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *