• カジノ カジノディーラー
    オンラインカジノ初心者,  オンラインカジノ初心者へ

    カジノディーラーの需要性・年収?気になるカジノディーラーの職業解説

    カジノディーラーという職業は当たり前になる そもそもカジノディーラーとはどういう職業なのでしょうか。 想像がつくかもしれませんが、ランドカジノにおいてルーレットを回したり、テーブルごとに集まるお客様にカードを配ったりして、ゲームを進行していく役割になります。 カジノに遊びに来るお客様に存分に楽しんでいただき、その場を盛り上げつつ、ゲーム進行を手際よくこなすカッコいい姿が容易に想像できます。 その為、煌びやかで華やかな職業と思われがちですが、実際はそれほどでもないと感じる方もいるようです。 今回はカジノディーラーという職業にスポットをあてて、現状や今後の動きについて予測していきたいと思います! まずはみんなが気になる収入(報酬)のお話から解説していきましょう! カジノディーラーの給料・年収 「カジノディーラー」は、接客要素もありながら、カードなどを捌く技術や瞬時に配当計算が必要であったりと、なかなか他にはないスキルを求められそうです。 あまり年収が低いと納得がいかないな・・・と思いながらカジノディーラーの年収を調べてみました。ちなみに日本にはカジノがありませんので、カジノがある(マカオ・ラスベガスなど)国の情報を参考にしています。 時給は低め。固定給でも20万~30万円くらい 結論から言うと、カジノディーラーの年収は仕事内容からすると少し低いと感じました。 ・年収200万円~400万円(月20万円~30万円) ・時給では700円~900円程度 ほぼ最低賃金の設定となっており、収入的には厳しいイメージがありますが、実はカジノディーラーには別のかたちで収入があるのです。 収入のメインは給料とは別の「チップ」 お給料とは別に収入になるのが「チップ」です。 日本ではあまり馴染みのない習慣ですが、海外に行くと「チップ」を払うのが当たり前という国もたくさんあります。 例えば、海外ホテルに宿泊した際に、お礼としてチェックアウト時に部屋に数ドルコインを置いていくなどはもはや常識です。 海外のランドカジノでも同じように、お客様からチップをもらうのがもはや当たり前のようです。カジノの規模や売上によってチップによる収入額は変わるので、一概には言い切れませんが、通常の給料と合わせると、困ることなく生活できる年収は稼げると言われています。 ディーラーより上の管理職もある また、大きい規模のカジノであれば、出世した時の年収も大きく変わります。 最初はカジノディーラーからスタートして、マネージャークラスとして役職が上がり、そして管理職となっていきます。 サラリーマンと同じように、基本給をもらいつつチップでボーナスを稼いで、出世すれば高収入も実現できるという事です。 どうすればカジノディーラーになれるのか ここではカジノディーラーになるには、どうすればいいのかという点について解説していきます。 日本では、ランドカジノ運営が認められていませんが、カジノディーラーになる為のスクールはいくつか存在します。 そして、カジノディーラーを目指して海外カジノで働くことになります。 カジノディーラーになるにはどんな技術が必要か カジノディーラーになるために、特別な資格や学歴は必要ありません。 しかし、日常会話程度の言語力は必要になりますし、器用さや接客も大切になってきます。 また、ディーラーとして採用できるかを確認するために、技能試験も用意されています。 カジノディーラーには、どんな人が向いているのか カジノディーラーとして手先の器用さや接客がなども重要ですが、最も大事なのは、「正直である」ことです。 カジノでは常に大金が動くので、少しでも動揺したり嫌気がさしたりするだけで、大きい問題になる可能性があります。 カジノディーラーとして誇りをもち、正直に向き合えることが重要となってきます。 カジノディーラーを育成する学校もある ランドカジノは日本にはありませんが、カジノディーラーを育成する学校やスクールは日本国内にいくつかあります。 学校を卒業した後は、実際に海外のランドカジノで働いて経験を積んだり、日本のアミューズメント(ギャンブルではない)カジノで働くことができます。 まとめ 最近では、日本にカジノ施設ができるのもより現実的になってきました。 まず日本国内の3ヶ所に、カジノ施設を含んだIR(統合型リゾート)施設ができると言われており、実現した場合はカジノディーラーの需要が一気に高まるでしょう。 その時までに海外のランドカジノで実地経験を積み、ある程度の地位を確立しておけば、日本のカジノにおいて管理職として優遇される可能性も出てきます。 興味がある方はチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。 ですが、海外にわざわざ行くのは面倒で忙しくて行く暇がないという方もいるでしょう。 そんな方には、オンラインカジノのライブカジノがおすすめです! ライブカジノは、ディーラーと生中継で繋がり、ゲームを楽しむことが可能です。ディーラーの動きやゲームの進め方などをトータルで知るには持ってこいの仕組みになります。 ライブディーラーに挑戦してみたいという方は、ぜひライブカジノを体感するところから始めてみてください。

  • オンラインカジノ初心者

    IR(統合型リゾート)とは?日本にもカジノが?徹底解説します!

    IR(統合型リゾート)とは? IR(統合型リゾート)とは、国際会議場や展示施設などの「MICE施設」、ショッピングモールや美術館などの「レクリエーション施設」、国内旅行などの「提案施設」、ホテル、レストラン、映画館、スパ、スポーツ施設、カジノなどが一体となった複合観光集客施設のことです。 IRは、ラスベガスに多く存在するイメージをお持ちの方が多いと思いますが、マカオやシンガポール、韓国、フィリピン、ロシアなどアジアでも誘致が相次いでおり、現在も増加傾向にあります。 なかでもマカオはラスベガスを抜き、世界一のカジノ売り上げを誇っているのです。 IR誘致が人気のある理由としては、多くの雇用創出と観光消費増加による税収増などの効果を得られることです。 現在、「アジアのトレンド産業」と言われているほどIRはアジアから絶大な人気があります。 IR(統合型リゾート)が日本でも開設する? 日本においても2018年7月20日に、IR施設を3ヶ所限定で開設されることを盛り込んだ「特定複合観光施設区域整備法案(カジノ法案)」が成立されました。 日本がIRを誘致する最大の目的は「国際観光振興」のためです。 政府は、2020年に外国人観光客数を「4,000万人」、2030年には「6,000万人」という目標を定めており、その施策の一つとしてIR誘致を取り込んだのです。 IRは、アジア各国で証明されているように国際的な観光拠点として大きな「雇用創出」と「税収増加」が期待されます。 また、日本ではまだ存在していない「カジノ」が設置、運営されることも楽しみの一つではないでしょうか。 カジノはIR施設のなかに設置することができますが、敷地面積は「IR全体の3.0%」という決まりがあります。 「わずか3.0%しかないの?」と思われる方もいるかと思いますが、IR施設全体がかなり大きな敷地面積のため十分な広さを確保することができます。 カジノは安定的に収益を得ることができることから、IR施設の非常に重要な施設として位置付けられています。 IR誘致がもたらすメリット 日本でもIR誘致が進められていますが、誘致することでどのようなメリットをもたらすことができるのでしょうか。 ここでは、IR誘致がもたらすメリットについてご説明します。 IR誘致がもたらすメリット :国内外からの観光客の増加 IR施設がある国には、多くの観光客が訪れます。 「カジノを楽しみたい人」や「豪華なホテルに泊まりたい人」、「複合施設で様々なジャンルのものを楽しみたい人」など、利用者の目的も様々で幅広い層の方に人気があります。 外国人観光客はもちろん、日本国内の方も国内旅行としてIR施設を訪れるという方々が増えるのではないでしょうか。 「カジノ」施設が日本で初めて運営されるため、IR開設を待ち望んでいる方も多いことでしょう。 このように、IR施設誘致は国内外からの観光客を増加させ、大きな経済効果をもたらすことが期待されています。 IR誘致がもたらすメリット : 雇用の促進 IRを開設することにより、地域の雇用を促進するというメリットもあります。 IR施設には、ショッピングモールやレストラン、カジノなど様々な施設が入るため、同時に多くの従業員が必要となります。 IRが1ヶ所開設されるだけで、「数百〜数千単位」の雇用が生まれるのではないでしょうか。 雇用促進成功の事例として、フィリピンの首都マニラでは元々貧困層が存在する地域がありましたが、IR誘致をしたことから多くの方々に雇用機会が与えられたそうです。 このように、IR誘致は経済効果だけでなく「雇用促進」も期待できるのです。 IR誘致がもたらすメリット : 地域のインフラ整備の促進 IRが誘致される地域は、インフラ整備が急速に普及する可能性が非常に高いです。 観光客が訪れやすいようにするためには、空港や駅からの移動手段が必須となるため、必然的にバスや電車などの整備が進みます。 また、国内からの観光客も訪れやすいように、周辺の道路整備も進むのではないでしょうか。 このように、IR誘致により地域のインフラ整備促進を期待することができ、「地域活性化」にも繋がるというメリットがあります。 IR(統合型リゾート)はこれからの日本の経済活性化に一役買う期待がある 今回は、IR(統合型リゾート)の概要について解説してきました。 IRとは、カジノやショッピングモール、ホテル、レストランなどの施設が一体となった「複合観光集客施設」のことです。 日本においても3ヶ所限定で、IRが開設されることが予定されています。 IRを誘致することで「観光客の増加」「大きな経済効果」「雇用促進」「地域のインフラ整備促進」など様々なメリットを得ることができます。 今では「アジアのトレンド産業」と呼ばれるほど、アジアではIR誘致が絶大な人気を誇っており、成功することが世界各国で証明されています。 カジノに興味のある方や、豪華なホテルに宿泊してみたい方、様々な分野の娯楽を楽しみたい方は是非、日本でIR施設が開業された際に訪れてみてはいかがでしょうか。

x
No Deposit Bonus