スロットゲームと聞いて何を連想しますか? 典型的な3列並びのスロットマシーン? または日本を代表するパチンコスロットでしょうか? どのスロットも、プレイヤーを最大限に楽しませる義務があります。それらは絵柄であったり、回転方法であったり、音響効果であったり…。想像以上に様々な方法で私たちを楽しませてくれるスロットゲーム。ここではスロットの種類についてご紹介します。

絵柄は見た目が大事

スロットの絵柄には、登場するだけで当たりとなるスキャッター絵柄、高額配当に使用されることもあるワイルド絵柄があります。スロットによって当たりとなるライン数は変わり、最低1ラインから最大1,000ラインにまで及びます。

[b]クラシックスロット[/b]は1~3列から構成された代表的なデザインで、別名リールスロットとも呼ばれています。なかでもお勧めは5リール以上から成る[b]ビデオスロット[/b]です。既存のスロット概念を越えた美しい演出で、視覚と聴覚の両方で楽しめます。特にオンラインで楽しむ場合、このビデオスロットはまるで本物のカジノでプレイしているかのような気分になります。戦略的にプレイしたい場合は、高額賞金が狙える[b]プログレッシブスロット[/b]はいかがでしょう。上下左右に移動する絵柄を、瞬時に把握して決断するスキルが問われます。

アートとしてのスロット

スロットを提供するゲーム会社は、競合他社を勝ち抜くために差別化を図っています。人気キャラクターや声優、特殊効果、臨場感など、可能な限りの手段を使ってスロットを[b]最先端の人気アート作品[/b]として仕上げています。